婚活パーティー体験談

親が結婚を迫る


これ行ってこい!オカン(母親)が言った。
 
新聞の地元のニュースコーナーに載っていたパーティーである。普段は今年はコメが豊作だのサンマが不漁だの私にとっては、どうでも良いことしか書いていない地元の新聞の真ん中ほどのページに婚活パーティーの告知が記載されていたのである。


こちらとしては、結婚はとっくに諦めているのであるが、親としてはまだ子供の結婚を諦めてはいないらしい。記事を読んでみると地元の商工会議所だったか、ライオンズクラブだったかが主催のイベントらしい。

日時は来月の第一日曜日。会費は男性6000円、女性4000円。
会場は海辺のレストラン??

募集人数は男女共に各30人となっている。正直なところあまり乗り気はしなかったのであるが、一応問い合わせの電話を翌日にかけてみた。返ってきた返事は申し込み多数の場合は抽選になるとのこと。

現在の応募状況は男性40人に対して女性8人とのことであった。何となく当日の光景が想像出来てしまった。 どう考えても男性が余る。 乗り気がしない。

応募締め切り2日前に再度電話にて問い合わせをしてみた。現在の状況は男性側の申し込み90人、女性40人とのことであった。応募枠が各30人であるならば男60人。女10人があぶれることになる。どのような方法で抽選するのかは不明であるが、これならまあ悪くはないのではないか。一応申し込むことにした。抽選にあたるかどうかは不明である。

⇒次はパーテイーの申込み